練馬区 司法書士 相続 登記 大泉学園

2 成年後見制度を利用するにはどうすればいいのですか

      判断能力が低下したり不十分になったとしても、自動的に成年後見人が登場して

      支援をしてくれるわけではありません。

 

法定後見の場合

      成年後見制度を利用するには、ご本人様や配偶者様、4親等内のご親族の方等が、

      ご本人様のご住所を管轄する家庭裁判所へ成年後見開始の申立てをし、

   成年後見人を選任してもらわなければなりません

   

後見の流れ - 法定後見.png 

  

任意後見の場合

   また任意後見をご利用の方は、ご本人様と任意後見を引き受ける方が一緒に公証役場で

   公正証書による任意後見契約を結びます。

   その後ご本人様の判断能力が低下してきたら、ご本人様の同意のもと、ご本人様や配偶者様、

   4親等内のご親族の方、任意後見を引き受けた方が家庭裁判所へ申立てをし、

   任意後見監督人を選任してもらわないと任意後見契約の効力が発生しません。

 後見の流れ - 任意後見.png

   ▲成年後見トップに戻る

▲このページのトップに戻る