練馬区 司法書士 相続 登記 大泉学園

建物の新築・建て替え<所有権保存登記(+建物表題登記)>

一戸建ての建物を新築した場合、

最初の所有者として、所有権保存登記をします。

この登記は、最初の所有者としてするため、建前上売主は居らず(建築業者に費用は支払うと思いますが)、

原則として、新築建物の所有者が単独で行います。

所有権保存登記は登記事項証明書(登記簿謄本)甲区の1番に登記されます。


建物の登記簿謄本(登記事項証明書)のイメージサンプル


 

所有権保存登記をする前提として、必ず建物表題登記が必要です。

登記事項証明書(登記簿謄本)表題部に建物の現況を記録させる登記です。

この登記は、建築業者と連携しつつ、土地家屋調査士が行うことができます。

 

建て替えの場合などで、従前に他人名義の建物があり、それを取り壊した場合などは、

旧建物の建物滅失登記の必要があります。

この登記も、土地家屋調査士が行うことができますが、旧所有者、取り壊し業者などの関与が必要です。

 

住宅ローンを利用する場合などは、

ローンの実行日(実際に資金を貸し出す日)までに、建物表題登記は完了させておく必要があります。

通常、建物表題登記が終わらなければ、ローンは実行されません。


 

土地の取得や、建物の建築開始の時点から、ご相談いただければ、

提携する土地家屋調査士、各業者や金融機関と連携し、

建物が引き渡されるまでの全ての登記を、当事務所で責任をもって行います。

 

もちろん、表題登記完了後に、

所有権保存登記や抵当権設定登記のみのご依頼もお待ちしております。 

                                                         ▲不動産登記トップに戻る

▲このページのトップに戻る