練馬区 司法書士 相続 登記 大泉学園

不動産登記の費用

<抵当権・根抵当権の抹消登記><住所・氏名の変更登記>

※抹消登記と変更登記を同時に行う場合は、それぞれに報酬と登録免許税がかかります。

   金融機関との打ち合わせや書類の預り同行などは、登記報酬に含まれますので、別途報酬はいただきません。

 報酬部分

登記申請報酬(不動産2個まで) 12,000円
登記事項証明書取得 1不動産につき 1,000円
事前登記簿調査 1不動産につき 500円
不動産加算(3個以上の場合) 3個目から1個につき2,000円
戸籍・住民票等の取得 1通につき2,000円
消費税 報酬部分の合計×消費税率

 実費部分

登録免許税 原則 不動産の数 × 1,000円
登記事項証明書(登記簿謄本) 1不動産につき 700円
事前登記簿調査 1不動産につき 397円
 その他 書類取得・登記申請・返却などの郵送費・交通費実費

※ 住民票・戸籍謄本等を必要に応じて当方で取得した場合、実費がかかります。

   費用については相続登記の費用の実費部分を参照ください。


 

 

 

<所有権保存登記>

 

 報酬部分

登記申請報酬 25,000円〜
登記事項証明書取得 1不動産につき 1,000円
事前登記簿調査 1不動産につき 500円
戸籍・住民票等の取得 1通につき2,000円
住宅用家屋証明書取得(減税用) 7,000円
消費税 報酬部分の合計×消費税率

 

 実費部分

登録免許税 建物認定価格 × 4/1000 ※1
登記事項証明書(登記簿謄本) 1不動産につき 700円
事前登記簿調査 1不動産につき 397円
住宅用家屋証明書 1,300円
 その他 書類取得・登記申請・返却などの郵送費・交通費実費

 

※1 固定資産評価がまだされていない場合。建物のある地域や、種類・構造・床面積などから算出します。

   一定の条件のもと、住宅用家屋証明書を利用できる場合には減税措置があります。

※  土地の取得・住宅ローンの利用などが同時にある場合は、別途、土地の所有権移転登記や、

   抵当権設定登記などの登録免許税、報酬が必要です。

   また、建物表題登記や建物滅失登記を一緒にご依頼いただいた場合は、別途、土地家屋調査士の

   報酬等が必要になります。

※  住民票・戸籍謄本等を必要に応じて当方で取得した場合、実費がかかります。

 

    費用については相続登記の費用の実費部分を参照ください。

 


 

 

<売買・贈与・財産分与などによる所有権移転登記>

 

 報酬部分

売買・贈与・財産分与による所有権移転登記は、ケースバイケースの場合が多く、

例えば、 契約の時点から司法書士が関わるのか? 登記申請だけなのか?

      抵当権の抹消は必要か? 住所の変更は必要か? 住宅ローンを利用するのか?

      建物は一定の要件を満たすと、登録免許税の減税を受けることができます!

などなど、様々な要因が絡み、一概に報酬についてまとめるのは難しいのが現実です。

ご依頼いただくまでは、費用は一切かかりませんので、資料をご提示いただいたうえで、

無料相談にて報酬についてもご相談させていただきたいと思います。

所有権移転登記申請のみの場合は、相続登記の報酬を参照いただければ、

大きく変わることはないと思われます。

 

 

 実費部分

登録免許税(土地・売買) 固定資産評価額 × 15/1000(平成24年4月現在)
登録免許税(土地・売買以外) 固定資産評価額 × 20/1000
登録免許税(建物)  固定資産評価額 × 20/1000
登記事項証明書(登記簿謄本) 1不動産ににつき 700円
事前登記簿調査 1不動産につき 397円
その他 書類取得・登記申請・返却などの郵送費・交通費実費

 

※ 所有権移転登記は、他の登記と同時に申請することが多く、その場合、各登記につき

  別途、報酬と登録免許税がかかります。

※ 住民票・戸籍謄本等を必要に応じて当方で取得した場合、実費がかかります。

 

   費用については相続登記の費用の実費部分を参照ください。

 

費用 注意.png

 

その他、不動産登記には様々な登記があります。

 

まずは、無料相談からお気軽にお問い合わせください!

                                                           ▲不動産登記トップに戻る

▲このページのトップに戻る