練馬区 司法書士 相続 登記 大泉学園

不動産登記って何をするの?

不動産登記には大きく分けて2つの目的があります不動産登記とは@.png                         

        土地の広さや種類、建物が何階建か?材料は何か?どこにあるのか?などを表す登記です。

        不動産の所在、地番や家屋番号、面積、種類、構造などは、

        登記事項証明書(いわゆる登記簿謄本)の表題部というところに登記されます。

 


不動産登記とはA.png        

        不動産の所有者は、登記事項証明書(登記簿謄本)の甲区欄に売買や相続などの原因とともに登記され、

        金融機関などの抵当権者・根抵当権者(担保権者)などは乙区欄に登記されます。

 


不動産の登記は、1つの不動産につき、

@とAが両方表示された登記事項証明書(登記簿謄本)

物理的現況や権利関係を記載し、公示するために行います。

登記事項証明書は法務局に保管され、誰でも取得することができ、

所有者や担保権者、これからその不動産を取得しようとしている人などの

権利を保護するために役立っています。


建物の登記簿謄本(登記事項証明書)のイメージサンプル


 

@の表題部の登記は土地家屋調査士が代理人として登記できます。

そして、Aの権利部(甲区、乙区)の登記を、代理人として法務局に申請できるのが司法書士です!

 

土地家屋調査士と司法書士はこのように切っても切れない関係ですので、

常に連携し、柔軟に対応しております。

どのような登記の相談も、遠慮なく当事務所までご連絡ください。

▲不動産登記トップに戻る

▲このページのトップに戻る