練馬区 司法書士 相続 登記 大泉学園

相続人には誰がなるの?<相続人の確定>

法律上、お亡くなりになった方のこと被相続人(ひそうぞくにん)と呼びます。

そして、被相続人の遺産を受け継ぐことができる人相続人(そうぞくにん)といい、 

法律で定められた相続の権利を有する人法定相続人(ほうていそうぞくにん)といいます。

相続人になることができるのは、法定相続人の範囲に入る方々だけです。

法定相続人は、被相続人の配偶者とその血縁の人たちからなり、

相続権に関して、法律により以下のように定められています。


配偶者

婚姻関係にある夫婦の一方で、夫にとっては妻、妻にとっては夫をさし、親族の構成にかかわら

ず、必ず相続人となります。

「婚姻届出のない事実婚関係や内縁関係の場合」 「被相続人の死亡時にすでに離婚している

場合」などは配偶者とは認められず、相続人にはなれません。

配偶者を除く相続人の順位(いずれも被相続人からみた続柄)

第1

順位

実子は、すでに結婚していたり、両親の離婚・再婚などにより被相続人と籍が別になっていても、

男女や年齢にかかわりなく相続権があります。

養子も実子同様に相続人になります。

第2

順位

直系

尊属

父母、祖父母、曽祖父母などをさします。

直系尊属が相続人になれるのは、被相続人に子も孫もいない場合のみです。

第3

順位

兄弟

姉妹

 被相続人に、子も孫も直系尊属もいない場合にのみ、兄弟姉妹が相続権を持ちます。


 以上をまとめると、被相続人の配偶者の有無によりこのようになります。相続パターン

例えば、「子」がいる場合は、後順位の「直系尊属」や「兄弟姉妹」は法定相続人になることはありません。

順位の違う 「子」 「直系尊属」 「兄弟姉妹」 が同時に法定相続人となることもありません。

 

「子、直系尊属、兄弟姉妹のいずれもいない場合」は「配偶者のみ」が相続人となり、

さらに「配偶者もなく、遺言も無い場合」は、遺産は国庫に入ります。

 


その他、被相続人が、生前に特定の相続人を相続関係から「廃除する手続き」をしていた場合や、

相続人になるはずだった方が被相続人より「先に死亡している」場合などには、相続人が変わってくるため、

相続人を確定するには、被相続人の出生からの戸籍と相続人全員の戸籍を取得し、確認をする必要があります。

この戸籍は、相続登記手続きにおいて相続人確定を証明するため法務局に提出します。

この戸籍は、当事務所が依頼主にかわって取得することもできますので、まずはご相談ください。


 

事実婚や内縁関係のパートナーはもちろん、甥っ子姪っ子、両親の兄弟なども通常では相続人になれません。

法定相続人に当てはまらない親族や、お世話になった方などに財産を遺したい場合遺言が必要です。 

                                                               ▲相続登記トップに戻る

▲このページのトップに戻る