練馬区 司法書士 相続 登記 大泉学園

相続分は誰にどれだけあるの?<相続分の算定・法定相続分>

相続人が配偶者と子の場合

    例) 被相続人に配偶者と子が2人の場合(二重線は婚姻を表しています)    子と配偶者.png                                                         

      相続分は配偶者が1/2子が1/2です。 

      配偶者の相続分は常に1/2ですが、子は1/2をさらに人数で割ります。

      子が3人ならば、(1/2÷3人)で、子1人の相続分は1/6と計算します。

      子が相続人になる場合は、直系尊属や兄弟姉妹は相続人にならず、相続分はありません。

 


被相続人に子がいない場合

    例) 被相続人に子がなく、配偶者と両親がいる場合親と配偶者.png       

      相続分は配偶者が2/3直系尊属(親、祖父母、曽祖父母など)が1/3です。

      配偶者の相続分は常に2/3ですが、直系尊属は1/3をさらに人数で割ります。

      ただし、親がいる場合は祖父母は相続人になりません。親等の近い順に相続人となります。

      直系尊属が相続人になる場合は、兄弟姉妹は相続人にならず、相続分はありません。 

 


被相続人に子も直系尊属もいない場合

    例) 被相続人に子と直系尊属がなく、配偶者と兄弟姉妹が2人いる場合兄弟と配偶者.png

      相続分は、配偶者が3/4兄弟姉妹が1/4です。 

      配偶者の相続分は常に3/4ですが、兄弟姉妹は1/4をさらに人数で割ります。

 


以上は、基本的な相続関係ですが、この他様々な要因で相続人や相続分が決まります。

相続人や相続分を確定するには、全員分の戸籍が必要です。

この戸籍は、当事務所が依頼主にかわって取得することもできますので、まずはご相談ください。


このような法律で定められた相続分を法定相続分といいます。

法定相続分と異なる相続分で相続をするには、生前に遺言で相続分を指定する方法や、

相続開始後に相続人全員で遺産分割協議をするなどの方法があります。

遺産分割協議での争いごとを防ぐためにも遺言は大変有効な手段となりますのでご検討ください。 

                                                                ▲相続登記トップに戻る

▲このページのトップに戻る