練馬区 司法書士 相続 登記 大泉学園

1 成年後見制度ってどのような制度ですか

    日常の生活の中で、このようなことでお困りではありませんか?    成年後見 表.png              

 

       認知症や知的障がい・精神障がいをお持ちの方は、判断能力が不十分なため、

       お一人では銀行預貯金の管理や福祉サービスの利用契約を結んだり、

       不動産などの重要な財産に関する契約を結ぶことが難しい場合があります。

       ご自分にとって不利な内容があっても、十分に内容を理解できないまま契約をしてしまい、

       後に多額の費用を請求されてしまう、という悪徳商法の被害に遭うおそれもあります。

       そのような不安を解消し、生活面・財産面で不利益を受けず、

       安心して暮らせるように法律的に保護・支援していく制度成年後見制度です。

 

   

   成年後見制度には、ご本人様の判断能力の状態によっていくつかの種類に分かれます。 

 

 法定後見

   認知症・知的障がい・精神障がいなどで、すでに判断能力が衰え始めているか、

   衰えてしまった方に対して、申立により家庭裁判所が後見人等などを選任して、

   ご本人様を支援する制度です。

   後見制度の利用開始時から利用終了まで、すべて家庭裁判所が関与・監督します。

   法定後見制度は、ご本人様の判断能力の程度によって更に

   「後見」「保佐」「補助」のように区分されます。

成年後見.png

   

 任意後見

   今は判断能力に問題なく元気な方が、将来自分の判断能力が低下した場合に備えて、

   あらかじめ後見人を選んでおく制度です。

   法定後見が家庭裁判所の審判によって後見人等が選任されるのに対して、

   任意後見は自分で将来の後見人を決めることができます

   任意後見はご希望により任意後見のサポートを受ける時期をいつにするかで

   いくつかのパターンに分かれます。

任意後見類型.png

 ▲成年後見トップに戻る

2 成年後見制度を利用するにはどうすればいいのですか

      判断能力が低下したり不十分になったとしても、自動的に成年後見人が登場して

      支援をしてくれるわけではありません。

 

法定後見の場合

      成年後見制度を利用するには、ご本人様や配偶者様、4親等内のご親族の方等が、

      ご本人様のご住所を管轄する家庭裁判所へ成年後見開始の申立てをし、

   成年後見人を選任してもらわなければなりません

   

後見の流れ - 法定後見.png 

  

任意後見の場合

   また任意後見をご利用の方は、ご本人様と任意後見を引き受ける方が一緒に公証役場で

   公正証書による任意後見契約を結びます。

   その後ご本人様の判断能力が低下してきたら、ご本人様の同意のもと、ご本人様や配偶者様、

   4親等内のご親族の方、任意後見を引き受けた方が家庭裁判所へ申立てをし、

   任意後見監督人を選任してもらわないと任意後見契約の効力が発生しません。

 後見の流れ - 任意後見.png

   ▲成年後見トップに戻る

3 後見人にはどういう人が選ばれるのですか

成年後見人として家庭裁判所から選任されるのは、ご親族に限定されているわけではありません

 

  法定後見の場合

   成年後見開始の申立書には成年後見人等候補者を記載する欄があります。

   配偶者様やご親族、信頼しているお知り合いの方を候補に挙げられる方が多いと思いますが、

   必ずしもその候補者が選任されるとは限りません。

 

   家庭裁判所は成年後見人の選任にあたり

     ご本人様のお体の具合、生活環境や財産状況

     ご本人様と成年後見人候補者の利害関係

     ご本人様が複雑で難しい法的問題をかかえていないかどうか

     ご本人様の意見やご親族の意見

   などの複数の要素を総合的に判断します。

 

   法律的な支援が必要と判断されれば法律の専門家の弁護士司法書士が、

   福祉的な支援が必要と判断されれば福祉の専門家の社会福祉士等

   選ばれる場合があります。

   家庭裁判所はご本人様の生活面・財産面で支援するという成年後見制度趣旨

   に叶う適任者を成年後見人として選任するのです。

   

  任意後見の場合

   

   ▲成年後見トップに戻る

   

   

   

   

 

▲このページのトップに戻る